イベント・お知らせ

お籠りにぴったりな宿、TAOYA志摩、秋の楽しみ方

海を眺めながら温泉に入って美味しいものを食べてのんびり過ごしたいな、そんなお気持ちにぴったりなのがTAOYA志摩。

 

「お客様にゆったりと、たおやかに過ごしていただきたい」

そんな想いを込めて付けた「TAOYA志摩」という名前。
ゆったりとお寛ぎいただくためにご用意したおもてなしを満喫して、

「お籠りステイ」で心と体を癒しませんか?

+.*・ ウェルカムサービス +.*・

館内に一歩足を踏み入れると、目の前に広がるのは真っ青な海!
どなたも必ず歓声を上げる特別な景色を眺めるロビーラウンジで
旅の疲れを癒し、これから始まる1泊2日の時間へ思いを馳せながらウェルカムドリンクをお楽しみください。
伊勢茶やビネガードリンク、ふわふわの泡が女性好みの抹茶ラテが人気です。

週末やイベントシーズンはピアノの生演奏もお楽しみいただけます。
スタンダードなクラシックからジャズ、お子様がお好きな曲、時には歌謡曲を華麗にアレンジした生演奏が流れるラウンジでごゆっくりとお過ごしください。

 

◆ウェルカムドリンクサービス:14:00~18:00

+.*・ 浴衣選び +.*・

チェックインカウンターの前にある白い棚、実はこちらに浴衣が入っているんです。
「非日常」「旅」をテーマにしたTAOYA志摩ならでは、旅行用トランクの持ち手をモチーフにした引き出しの取っ手がアクセントの棚を開ければ。
女性用、男性用の色柄の浴衣はもちろん、男性女性のどちらにもお召しいただける大江戸温泉物語初の「ユニセックス柄」の浴衣もご用意。

ユニセックス柄は「波」「星」、伊勢名産の「真珠」がモチーフ。

和モダンな印象でいつもと少し違う浴衣の着こなしをお楽しみいただけます。
女子旅なら女性らしい色柄の浴衣で盛り上がるのもよし、ご夫婦やカップルならユニセックス柄でペア浴衣、という楽しみ方も。

もちろんお子様用のサイズもご用意していますので、ご家族お揃いにすることも!
大いに迷ってお気に入りの1枚を見つけてくださいね!

+.*・ 客室 +.*・

いよいよお部屋へ。

TAOYA志摩ではほとんどの客室にバルコニーが付いています。(一部除外有り)
もちろん窓も開くので、目の前に広がる海を眺めるだけでなく、潮の香りを感じ、波の音を聞き、海の上を吹き渡る風を全身で感じていただくことができます。
広大な館内におもてなしサービスを沢山ご用意していますが、<客室>という誰にも邪魔をされない空間で海を感じながら本を読んだり、何もせずにぼーっとしたり。思い思いの自分時間を過ごされてはいかがでしょうか?


ちなみに、カーテンを閉めずにお休みになると翌朝、視界いっぱいに朝の海と光が飛び込んてくる、というスペシャルな体験もお楽しみいただけますよ♪

【最上階コーナーデラックス】
【KATARAI】※お電話のみでご予約を承っております。
+.*・ 館内で楽しむアート +.*・

TAOYA志摩はパブリックスペースも広々と開放的なのが自慢。
青い海をバックにした芝生の中庭には、これを目当てにいらっしゃるお客様も多い、草間彌生の「南瓜」のアートがひと際目を引きます。
その他にも館内に5点の現代アートを展示し、自然をバックにアートを楽しむ、非日常のひと時をお届けしています。

海に向かって左手にある白い建物、「Stardust Gallery」、実はチャペルを改装した建物です。
一歩足を踏み入れると、床から天井までの高く、大きなガラス窓の向こうに広がる海に声出すのも忘れてしまいそう。
アクリルの床板に映り込む海とガラス窓の外に広がる海や空。上手な構図で「映える写真」、忘れられない旅の想い出写真をお撮りください。
建物の中には「Stardust Gallery」を体現する日本全国の星空の写真を展示していますので、こちらもお見逃しなく♪

青木野枝 『空の水/青』
青木野枝 『原形質』
+.*・ 湯上りのお楽しみ +.*・

お夕飯の前に温泉に入りたい!

温泉旅行の醍醐味ですよね♪
TAOYA志摩の温泉の魅力はこのホームページの中でもたっぷりご紹介しているので、今回はその温泉の後のお楽しみをご紹介します。

大浴場前では、「湯上り処サービス」として冷たい伊勢茶やビネガードリンク、アイスキャンディー、そしてなんと!生ビールをご用意しています。
さらになんとなんと、これらは全て無料でお楽しみいただくことができます。
日が暮れる前の海を眺め、波の音が聞こえる温泉でついつい長風呂してしまった後、火照った体をクールダウン。
カラカラに乾いた喉と体に冷たい美味しさが沁み渡る瞬間、ここに来て良かった!ときっと思っていただけるはずです。


※ご提供時間:15:00~24:00

+.*・ お待ちかね!ディナーバイキング +.*・

お食事いただくレストランの名前は「UNDULATION(アンジュレーション)」。
波、波動を意味するこの言葉はTAOYA志摩の弧を描く独特な外観、目の前に広がる海からインスピレーションを受け付けられました。
言葉通り、料理の並ぶブッフェボードや天井の装飾、お料理を乗せるトレーといった小物まで
波を想起させる柔らかなカーブがアクセントになっています。

意匠を凝らした空間でお召し上がりいただくのは、鳥羽の豊かな海の恵みを使った一品、旅の想い出になるご当地の味、そしてリゾートテイスト溢れる目にも美味しいメニューなど。


大きな窓の外に広がる海という最高のスパイスと一緒にお楽しみください。


▼9月1日、秋のグルメフェアスタート!▼
秋の香りと海の恵みを楽しむ TAOYA志摩の収穫祭

+.*・ 小腹がすいてしまった・・・ +.*・

あんなにお腹いっぱい食べたはずなのに!?
早めのディナーの後にもう一度温泉に入ったら何故か小腹が・・・それも温泉旅の楽しみのひとつ。
そんなお客様のために、ロビーラウンジではお夜食をご用意しています。もちろんこちらも無料でお楽しみいただけます。
夏はそうめん、冬はお蕎麦やラーメンなど、つるつるっとした喉越しと胃に優しいボリュームをお楽しみください。
ロビーラウンジには世界のボードゲームもご用意していますので、秋の夜長をゲームやおしゃべり、そしてお夜食で存分にお楽しみください。

◆お夜食ご提供時間:21:00~23:00
※ご提供サービス・メニューは予告無く変更になる場合がございます。

 

+.*・ 客星を眺める足湯 +.*・

目の前に海が広がり、周囲に人工的な光が少ないTAOYA志摩では夜空に広がる星々を存分にお楽しみいただけます。
その星を楽しむのにオススメの場所が「星空テラス」、そしてテラスにはなんと「足湯」が。
浴衣の足を温かなお湯に浸して夜空を眺めれば、星々の美しさとそれを語り合う楽しさに時間が経つのも忘れてしまいそう。

テラスに出る前のロビーでは夜には暖炉に火が灯ります。
オレンジ色の柔らかな炎をぼんやり見ていると心も体もほぐれていくことを実感いただけると思います。
ただ炎を見つめたり、静かにお喋りを楽しんだり。
語らえる場所を沢山ご用意しているのもTAOYA志摩のおもてなしです。

+.*・ 旅の朝ごはん +.*・

波の音に耳を傾けながら眠り、太陽の光で目覚める特別な旅も終わりが近づいています。
でも忘れてならないのが「朝ごはん」

朝の光が差し込むレストランでお召し上がりいただくご朝食はディナータイムとは違う美味しさや楽しさが溢れています。

海鮮や様々な具材を乗せて作る「のっけ丼」はやっぱり一番人気!
朝のライブキッチンからはシェフが目の前で作るふわとろのオムレツや、地元産の焼きたて干物、名産のあおさを練りこんで焼き上げたバゲットなど和洋多彩な美味しさをご提供します。
サラダや種類豊富なスムージーは女性のお客様に好評です。

ご出発前に心と記憶に残るご朝食を
大人気!自分で作る海鮮のっけ丼
TAOYA志摩オリジナル 焼きたてあおさオムレツ
朝スパ(スパークリングワイン)※無料

そして、TAOYA志摩のご朝食ならではのおもてなし、通称「朝スパ」。スパークリングワインをこちらも無料でお楽しみいただけます。
オムレツやソーセージに合わせて、サラダやパンと一緒に。リゾート旅ならではの贅沢なひと時をお楽しみください。
※お車でご来館、ドライバーの方へのご提供は固くお断り申し上げます。


ゆったりとした朝食を終える頃には、「また来たいな」「今度は誰と来ようかな」、そんなお気持ちになることでしょう。

お母様や娘さんと、お友達と、ご家族と。
TAOYA志摩での過ごし方はこちらをチェック!

いかがでしたか?

海を望む絶好のロケーション、温泉、バイキングももちろん自慢ですが

今回ご紹介した小さいながらも心を込めたおもてなし、

そしてそれを準備するスタッフがTAOYA志摩の一番の魅力でありたいと願っています。

 

色々な場所を巡る旅も素敵ですが、 TAOYA志摩の旅では館内で非日常のひと時をゆったりと楽しんでみませんか?  

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

 

プラン検索はこちら